浮気相手から慰謝料は取れるのか?

浮気相手から慰謝料は取れるのか?

配偶者の浮気を発見し、慰謝料請求を考えているが、浮気相手に慰謝料は請求できるのだろうか?と思う人はいるでしょう。

 

最高裁では
「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意または過失のある場合に、配偶者の夫または妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、慰謝料を請求できる」
としています。

 

浮気相手に慰謝料を請求する場合は

  • 浮気相手が配偶者が既婚者であることを知っていた
  • 知りうる状況にあったのに知らなかった

というどちらかに当てはまる必要があります。

 

配偶者が浮気相手に独身だと嘘をついていたときは、不法行為による責任を問えなくなります。
また、不貞行為をする前に夫婦関係が破たんしていた場合も、慰謝料を請求することはできません。
夫婦関係の破たんとは、既に別居していたなどを指します。

 

浮気相手に慰謝料を請求する場合

実際に不貞行為が複数回に渡ってあったこと、そしてその証拠があることが必要です。
本人が認めている場合は証拠がなくても大丈夫ですが、認めていない場合は証拠が必要です。
また、時効にかかっていないこと、脅迫や強姦、性行為の強要によるものではないこと、相手の名前と住所を知っていることが必要です。

 

浮気相手に慰謝料を請求したいという人は、配偶者にも慰謝料を請求するはずですから、配偶者と浮気相手は共同不法行為者として精神的損害を賠償する連帯責任を負います。
もちろん、配偶者のみに慰謝料を請求することも、浮気相手のみに慰謝料を請求することも可能です。

 

慰謝料請求の手続きは、まずは専門家の弁護士などに相談をすることがおすすめです。

弁護士と相談することで、どのようにすればよいかを的確に判断してもらえます。
訴訟や調停を行うことになっても、弁護士に依頼すると法的な手続きもすべて行ってもらえます。

 

必要な証拠なども、どのようなものが必要かなどもわかりますので、もし証拠として不十分であれば、探偵などにお願いして証拠を収集してもらう必要があるかもしれません。

 

請求する慰謝料の金額ですが、慰謝料は精神的損害を償ってもらうものですから、一概に金額が決まっているものではありません。
不法行為の程度、不法行為の期間、婚姻期間、どれくらい傷ついたか、お子様の数や年齢、収入などのさまざまなことを考慮して、慰謝料の金額は決定されます。


このページの先頭へ戻る